top of page

和がもたらす効果

こんにちは、坂喜建築です。

いつもご贔屓賜りまして誠にありがとうございます。


今回は「和がもたらす効果」と題して

和のインテリアについて少しお話ししていきたいと思います。



「和」と言われて連想するのは

畳や襖・障子など、日本家屋のイメージが強いのではないでしょうか。

日本家屋や和のインテリアは、日本の風土や気候を考え、

今までも理由があって使用されてきました。


例えば、畳ですが、畳はイグサを使用した床材です。

高い断熱性や保湿性、優れた調湿効果を持ち合わせているため

湿気が多いとされる日本にはとても重宝されてきました。



また、襖に関しては、間取りを仕切る役割がありますが

昔は家に大勢の人が出入りして宴を開く機会なども多く、

隣同士の部屋をひとつの空間にするために

簡単に取り外しができる襖がとても便利でした。



このように、日本の風土や文化に合わせて使われてきた和のインテリアですが

未だにどこか懐かしいような、趣を感じるものとして、根強い人気がありますし

戸建てや賃貸でも、間取りの一箇所には和室があるお家も多いです。



デザイン性や生活様式の変化から和風のインテリアや建材は

減少傾向にはありますが、実は理に適っていることを知ると

ご自宅にも取り入れたくなるかもしれません。


現在は、全てを和テイストにするというよりも

和モダンなどの言葉もあるように、他のテイストと組み合わせることで

ハイクオリティーな空間が実現できます。



坂喜建築では、日本の伝統文化とも言える住宅の工法やテイストも

熟練の技と技術を持った職人によって造ることが可能です。


もし、和のテイストを取り入れたいと思っている方がいらっしゃいましたら

いつでもお気軽に坂喜建築にご相談ください。

新築・リフォーム・リノベーションを含め、

お家や神社仏閣の修繕まで様々なご依頼を承っております。

Comentarios


bottom of page